2018/09/24 ついに参加してみたペイントパーティ!


こんにちわ。

落書き会を主催しているユッケです。

(今の所、会員は3名ですが笑)

そんな自分が目標としていたものに近いことを実施されているのが「ペイントパーティ」です!







 

ペイントパーティとは

自分が知ったのはFBででした。ずっと落書き会をやったりしてたからか、FBの情報で見かけて「これだ!」と思ったのを覚えてます。

技術を向上させるのは、まずはFUN!という気持ちを醸成させること。

そういうイベントやコミュニティを、自分がスキルアップさせたいことで、実施できれば、自己啓発にもなるし他己啓発にもなる!

それを漫画の模写などサブカルチャーなところでやりたいのが自分の夢の一つです。

ペイントパーティは「絵画×お酒×イベント」を掛け合わせた感じです。もう参加する前から楽しそうなイベントだな笑

ペイントパーティ

当日の流れ

まず、自分の参加したいイベントにWeb上で予約します。私たちが申し込みしたイベントは3500円でした。

その後、イベント日の数日前に案内が来ます。この案内の中に、基本的な筆の使い方などが記載されてるので読んでおきましょう。(全部読んでも3分もかからないのdwご安心を)

そして、実際に当日ですが、イベントスタートの20分前にお店に着くのを目指しましょう!

お店に着いたら、まずはお店にてドリンクを注文。チャージ料あるお店だったのでチャージも合わせてお支払い。

お酒を飲みながらエプロンをつけて、そのほかの参加者としばし歓談。

そして、ついにスタートです。

講師の方も一緒に白のキャンバスを持って作り上げていきます。今回の題材は蓮子。

まずは池の水面をダイナミックに青と白で塗りあげ。。。

次にハスの葉を描き込み。。。

最後に蓮の花を描き込み終了!

ここまで、参加者からの質問常に受けながら1時間半ー2時間で完成です!

そのあとは、みんなで見せ合いながら、お片づけしながら、お酒飲みながら締めくくられます。

感想

最後がドタバタになりましたが、一言で言うと、、、めちゃくちゃ面白い!

なんだろう。普通にやっぱ絵を楽しめることがまず嬉しいですよね。

また、そこに来る人はみんな絵を描くのが好きな人たちだから安心感があります。

そして、これが1番のメリットかもですが、道具を用意する必要がない。

これです。

デッサンとかと違って、アクリル絵画とかとなると、絵の具や筆、それ以外にも色々準備が必要です。また、そういった絵画する用の部屋とかスペースがないんですよね。。。だから、道具と一緒にそう言う場所が提供される  これがサイコーなのです。

しかも大人としてはお酒飲みながらってのも最高でした。

興味ある人は是非!!

 

ペイントパーティ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です