2018/09/24 「いますぐ妻を社長にしなさい」を読んで


おはようございます。

今回は今までと多少毛色が違う本ですがずっと気にはなっていた「いますぐ妻を社長にしなさい」を読んで見ました。

 





 

ジャンルは

勤労所得を稼ぐサラリーマン。生活を豊かにするためにポートフォリオ所得を増やそうと株投資やFXをするもうまくいかず、むしろ失敗してしまった著者が、どん底で気づいたこと、そして実践し、実際に5年後には経済的に豊かになれたことをまとめた内容だそうです。

そして、答えから言っちゃいますと著者が実践したことは「妻を社長にする」ことです。(語弊あるかもですが)

内容をざっくり

ざっくり内容をお伝えすると、どん底の状態で著者が気づいたのはお金の正体でした。

お金は感謝の見返りで頂けるもの。

つまりどれだけ他人に向けて価値を創造できるかで手にする収入は変わって来る。

まずは身近にいる人間である妻を社長にして、経済的に独立できるようになって守りつつ世帯所得を上げて行くことを考えたそうです。

ここ考えをサポートするものとして、サラリーマンについて回る税制の壁やプライベートカンパニーによる節税の活用があります。

詳細については省きますが、サラリーマンが収益を増やそうと何か活動を自分で行なって収益を得るよりも、妻にプライベートカンパニーの社長としてその活動を行ってもらい自分がそれを支援した方が、ノーリスク・ハイリターンな資産形成ができるのだそうです。

著者の奥さん

ここで、本書の中に出て来る著者の奥さんですが、お化粧やファッションが大好きな方。ただ著者とともにどん底生活になった時には、好きなファッションも化粧も控えて一緒に支えてくれた。コミュニケーションというか話すことは大好きなようで、のちに社長になってからの話でちゃっかり力も高いという話も出てました。

でもこれだけ読むと、もちろん良い奥さんだなとは思うのですが、人並外れた超能力があるってわけでこないですよね。

著者の言葉を借りれば、主婦ほど社長に向く人材(能力)はいないと考えているようで、コミュニケーション能力や何事にも御返しをしようとする習慣、ちゃっかり力などいろんな能力が社長業で活きるというのです。

奥さんたちを労働力だけ切り取ってパートとして切り売りすることがいかにもったない!とも言ってました。

まとめると

まずは、奥様がいらっしゃる方は一度読んでも良いかもしれません。受け取り方はきっと千差万別でしょうが、なにも考えずにパートや再就職をと考える前に読んで見てもきっと面白いです。

いますぐ妻を社長にしなさい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です