【ノベル】 死と生と鈴の音と セッション10(著:鮎偽 むくち)


こんにちわ鮎偽です。

管理人さん、色々と昨年から大変でしたねー。

またいつものバーで色々と語りましょうか?笑

 

さて「死と生と鈴の音と」も管理人さんからのサイトの更新休止となっていた間、連載を停止しておりましたが、また再びお送りしていきたいと思います。

それではセッション10をお楽しみください。



「あと少しだ」

男はつぶやいた。そうあと少しで自分がなすべき最後のことが終わる。
このときを心待ちにしていたようだし、来て欲しくないとも思っていた。

男は目を細めながら過去のあの日を思い出した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あの夏の嵐の夜。幼馴染からの裏切り、見知らぬ人間からの暴力、そして絶望的な自然の力、、、
彼女は何とか助かった。しかし、記憶と感情全てをなくしてしまった。
そのことを聞いて父親である私が願ったのは「娘の心の再開」だった。

現生に戻してもらうと、そこは事件の現場となった海だった。
御丁寧に海に落ちたときの状態まで再現してくれた。
ミチの写し身が一体何だったのか?神様だったのか?それとも死神だったのか?全くわからない。

しかし情報と時間をくれたのだ、感謝しかない。たとえ私の魂が消滅する選択だったとしても。
「いや、多分、消滅した後に後悔するんだろうな。肺がバカになってるのわかっててタバコ辞めないでいるのと同じで。」

タバコも湿気っているはずなのに、そこだけが湿気ってなかった。
「変なところに気がきくな、あのミチは」
いやミチならタバコをやめろとうるさかったから逆にそんなことしない。やはりあれは何か違うものだ。

「結局、、、辞められなかったっていうことか。」

タバコを咳き込みながら吸うとミチは喧嘩越しに「やめろよ」と言ってくるものだった。決まって自分は苦笑いしながら「そのうちやめるよ」と言ったものだ。

死ぬまでに辞めることはできなかったのだ、すでに死んでしまったのだから。

「名前をつけておくか」
ミチの姿で選択を迫る存在…道しるべ、道標。んー、道子でいいか。
道子が気を利かせて用意してくれたタバコを一本取り出し、深く吸う。そして吐き出す。
あたりを照らし出し始めた朝日に煙が反射して、いつもは漂うだけのその存在を主張している。
まずすべきは、娘のところに行くこと。しかし、彼女がどこにいるかまでは道子は教えてくれなかった。
そして、どうすれば心が再開するのかも。

まずは娘のことを知らなくては。学校に戻りミチの荷物を持って帰ろう。彼女がどんな学生生活をしていたのか?好きなスポーツはあったのか?好きな男子はいたのか?まったく知らないのだ。
そして、あらゆることを清算して、できれば嫁も説得して彼女のところへ向かわなくてはならない。

急ごう。事故とは言え自分はあの男の死に触れてしまったのだ。下手をすると警察に事情聴取を受けて、最悪誤認逮捕などもありえるかもしれない。自分がここにいたこと、娘がここにいたこと、ひいては学校での出来事も全て痕跡をなくして置かないといけない。

学校の方へ振り返った。

その瞬間、あたりの空気がひんやりしたかと思うと、景色全体に紫煙がかかったように歪んだのだ。

一瞬細めた目をゆっくりと開いていくと、、、そこは先ほどまでいた校舎の建物の中だった。

あれ?歩いてないのにもう学校?

「特別サービスだね。」
声の方を振り返ると、もう会うことはないだろうと思っていた道子がいた。
「その名前はちょっとダサくない?」
道子は少し拗ねていたが続ける
「あの男、本当に魂が壊れていたのね。一緒にいた彼女も彼に痛めつけられて、変なマインドコントロールもされてみたい。あなたの娘に逆恨みというか、憎しみをもつようになっていたようね。人の心を壊して、自分の好きなように従えたり、その人の可能性を制限したりする人間が一番サイアクなの。あなたも、仕事で大変だったの知っているよ。それにこんなことになって。。。」

少し間を置いて道子は続ける。

「とにかく、あの男はそうやってずっと大勢の人間の心を汚してきた人間だったの。」
あの男ならそうかもしれない。人を見た目で決めつけはいけないが、そう思った。

「それでね、あなたの行ったことは事故であれなんであれ、多数の人間の『選択』を成してくれたの。だからあなたが手に入れたいと思った”力”を一つ特別にサービスしてあげルことができたの。」
それがこの瞬間移動か?
「あなた「早く」とか「急いで」とか思ったでしょ?その影響だね。」
ああ、これはありがたい。
「じゃあ、私は一旦戻るわ。だけど、俄然あなたの選択の行方が気になってきたから。頑張ってね。私はあなたのこの選択を見守っているから。」

ああ、わかった。もう一つだけ気になってたことを聞いてもいいか?一緒にいたその幼馴染の知恵ちゃんはどうしたのだろう。

「彼女はあなたに助けてもらったけど、あなたたち二人がどうなったかは知らないわ。警察に伝えるべきか悩んでいるよ。あなたからしたら複雑だろうけど彼女も被害者といえば被害者だけど。あなたはどうするつもりなの?」

正直、海から助け出した時は何も考える余裕がなかったのだ。今、どうするつもり?と聞かれても答えはまだ出てこない。。。

とにかく、彼女から警察に私たちの存在を伝えられると、あの男のためにまた貴重な時間を無駄してしまう。

まずは、彼女にはそのことを説得しないといけないな。。。急がないと。

手を振りながら光の靄に包まれていく道子に手をあげて答えながら、急いで荷物をまとめて、そこに誰がいたのかという痕跡を綺麗に消した。

そして自分のこの能力は「紫煙」と名付けようと思った。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今の自分の存在も現しているようですごく気に入ったことを覚えている。

そして、その「娘の心の再開」がもう少しで成就する。

私が思いついたキーパーソンが「知恵ちゃん」と「ヨウ君」であり、キーワードは「鈴」なのだ。

そのキーパーソンの二人がこの鈴の街についにきたのだ。

「さて、最後の仕上げだ」

紫煙を燻らせながら男は立ち上がった。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です