i-realize-myself

自己実現ほど面白い目標はない

*

2016/5/30 リバウンド乗り越える日常への「動く」組み込み化!(ダイエットはうまくいってるか?)

      2017/01/09


こんばんは 今週は自分スイッチ週間のユッケです。今日は眼科に行かせてもらい自己メンテっす。

さて自己メンテといえば、「最近ダイエットがうまくいってるにか?」とよく連絡なのか叱咤激励なのかもらいます。笑

なぜかって?それは最近はこのWebサイトで肉体改革やらダイエットやらの投稿が激減してるからなんだそう笑



ええ、投稿はしてません。が継続してウォーキングや筋トレはやっています。ただ2月以降は筋トレはもう週1回くらいのボリュームになり、ウォーキングなど有酸素運動を週3回くらいに変更させてます。

なにがあった?➡︎停滞期です

ダイエットの減量スケジュールの考え方にはいろいろあり、停滞期もそれぞれで捉え方もタイミングも違うのかもしれませんが、昨年末から1月、私は停滞期に入りつつありました。93➡︎86(2015/8➡︎2016/1)

昨年7月から今年1月までで7キロ体重削減ですが、そのうちの12-1月はほとんど変わりなかったのです


ということで正直気持ちが萎える時期だったのです。

どう思った?➡︎リバウンドの恐怖ですよ!

じつはこの時期が一番キケン!

なぜなら辛いダイエットしてるのに効果無いじゃんと思っちゃうんです。そうじゃ無いよってのは分かってるんだけど、このテンション低下は強敵なんです。

しかもちょっと痩せたから、ご褒美にハンバーガーとポテト!とかやったが最期!

行き着く先は、リバウンドです。。。

リバウンドしたの?➡︎してないよ!必死に対策考えてたのよ

リバウンドは私には恐怖です。

ダイエットを本気で意識し始めた(意識した?)のは2008(かれこれ7年前)

5キロ減って7キロ増えて、5キロ減って6キロ増えてみたいなかんじ。マクロで見ればかなり良い右肩上がりの経済成長でした。

そんなリバウンドの連続なダイエット。私のなかでは「ダイエット➡︎リバウンド」というつながりになってしまってました。

だから 怖い!

そこで、今回は停滞期に入ったと思った瞬間から色々と試しました。

課題は「自分の肉体改革のためのテンションを体重減少以外に見出すこと」

  • ジムの内容を変える。➡︎テンション変わらず
  • 友達とジムに行く➡︎一緒に行ってくれる友達見つからず(友達少ない?な謎)
  • ストイックに運動する➡︎基本的にスポーツは好きでも運動にストイックになれず…。
  • スポーツをみつける➡︎これはみつかって無いだけですが(本当は好きなスポーツの趣味があることがベストだと自分も思ってます)

とまぁテンションを上げることを課題として考えて、最終的に合致したのが『自分の生活の中に運動習慣を取り込みシステム化する』でした。

 

それで結果今どうなってるの?➡︎ちょとだけど減りながらリバウンドも抑えてます

『自分の生活の中に運動習慣を取り込みシステム化する』ということで、簡単に言っちゃえば、生活習慣から逸脱しないなかで運動しているということです。

例えば、

①通勤電車に乗る際に、最寄駅ではなくて3-4キロ離れてる駅から乗る。

②お茶を買う時はわざわざ階段を使って10数階を降りて買いに行く(これは時間に余裕あるときだけ)

などなど無理やり感のない形で、生活に運動を取り入れることを実施。

例えば①については、その街を知ることができ、次回の懇親会で使えそうな居酒屋やプライベートでも行きたい不思議なお店など 色々発見もあったりで、自分的にはかなりマッチした課題解決策でした。

まぁ色々と言ってたけどリバウンドしたんでしょ?➡︎だからしてないってば

結果としても現在のところリバウンドはなく、以下のような&に健康的な微減です(本当はドカンと減らしたい願望はやっぱありますけどね笑)

86➡︎84(2016/2➡︎2016/5)



最期に

2月から停滞期となり今までこのような活動になってきました。今後もこの流れは継続しますね!

停滞期を脱したとしたらまた筋トレに力を入れる形になるかも。

それはまたすぐかもしれません。その時はまたご連絡しますね⭐️

 

 - ダイエット, 肉体改革 ,